カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

配管穴について

エアコン

エアコンと取り付ける際、室内機と室外機をしっかり繋ぐ必要があります。
そのためには配管などを通すための穴が必要になりますが、設置場所に穴がない場合開ける必要があります。
まず配管穴を開ける場所には注意が必要です。
室内機のサイズをよく把握して、室内機よりも穴が下になるような場所を選びましょう。
室内機よりも配管が上だった場合、冷房時に室内機内に溜まった結露などがうまく排水されなくなります。
排水されないということは、室内機の内部に水が溜まったままの状態になるので故障の原因となります。
このように細かなことが故障に繋がることもあるので、注意が必要になります。

また、室内機の下だからといって、どこにでも穴を開けて良いというわけではありません。
住宅の壁には強度を考えるための設計として柱が細かく配置されています。
柱部分には必ず斜めに筋違いも設置されているので、これらの骨組み部分をキズ付けないように穴を開ける必要があります。
素人の個人判断ではなかなか難しいことではありますが、プロの業者であれば住宅の設計を把握した上で作業を行ってくれるので安心です。
穴の開け方についても内側から外側に向けて下がるようにすることで、効率良く排水が行えます。

基本的にどの住宅でも配管穴がないということは滅多にありません。
配管穴がない場合は、取り外し作業の際に埋めなおしている可能性があります。

最後までわからない

作業途中

エアコンの取り付け作業は、取り外し作業よりも手間がかかってしまいます。
取り付け作業の段階を簡単に説明すると、まず室内機と室外機をそれぞれ設置します。
室内機と室外機を配管で接続してから真空引きを行ったのち、電線を接続します。
最後に必ず試運転を行ってから、正常に作動するのを確認して初めて取り付け作業が完了となります。
簡単に感じるかもしれませんが、作業工程には多くの確認が必要になってきます。

まず室内機のサイズと設置予定場所のサイズを確認する必要があります。
室内機の幅と高さをしっかり測って、設置場所にしっかり収まるサイズであるかを考えましょう。
サイズ確認を行ったら、配管を通す穴の位置を確認してから背板を取り付けます。
もし配管穴がない場合は、この時点で開ける必要があります。
配管穴を隠して設置するのか見える状態で設置するのかは、室内機のサイズによって変わってきます。

室内機の取り付けにはまず背板を取り付ける必要がありますが、背板の取り付け方は壁によって違います。
もし壁が木材の場合であれば特別な機材は必要ありませんが、安定感が気になるようであればビスの本数を増やすようにしましょう。
壁がコンクリート製の場合は、電動ドリルやハンマーなどを使用してアンカーを打つと良いでしょう。
背板を取り付けたらあとは簡単時に室内機を取り付けることが可能となります。

エアコンの性能は室内機と室外の両方が揃って初めて発揮されるものとなります。
室内機を取り付けたら、その壁の向こうには室外機を設置します。
配管穴から電線や配管で室内機と室外機を繋いでから、配管から空気を抜いて真空状態にします。
真空引きの方法は、ガスを使用したものやポンプを使用した方法があります。

ここまでの過程を経てようやく試運転が可能になります。
試運転を行なうまでは、プロの業者だとしても機械の状態はなかなか分かりません。
もし試運転で機械が正しく作動しなかった場合は、機械を取り替える必要があります。
なんの問題もなく室内を冷却することができて初めてエアコンの取り付けは完了します。